yuinoc’s diary

日々の暮らしやうつ病などについてつらつらと書いていきます。

クラウドソーシングって?どこがいいの?

こんにちは。ゆいのです。

 

クラウドソーシングって?

聞いたことあってもよくわかってない方、聞いたこともない方もいらっしゃるでしょう、このクラウドソーシング。

ネット上でお仕事依頼をされ(自分がする側になれるサイトも)、仕事をし、納品をしてお金をもらうというシステムのことです。

 

 

ネット環境さえあればできるものが大半ですので、インターネットとパソコンやスマホがあれば仕事がいつでもできるということで、在宅ワークや主婦のお小遣い稼ぎなどにもってこいです。

よく時給換算して「クラウドソーシングなんて効率悪いし稼げないじゃん」という意見を見ますが、そもそもクラウドソーシングは「好きな場所(家やカフェ)で」「好きな時に」「好きな案件を」できることに大きな意味があります。

第一、仕事をするにはアルバイトでもまず面接があります。お化粧をする必要だってあるし、交通費だってかかります。ある程度のまとまった時間拘束されます。

そういったことなく仕事を出来ることに大きな意味があるのです。

 

たとえばどんなサイトがあるの?

有名なところには

などがあります。以下にそれぞれの特徴を軽く述べますね。

 

なお、これらとはまた少し違って、最近TVなどでも有名になってきている、ハンドメイドに特化したネット上での売り買いもありますね。

これらはフリマアプリメルカリやフリル、ミンネ、クリーマなどたくさんあります。こちらは今回は割愛しますね。

いずれ利用してみたら記事にしてみます♪

 

ランサーズ

www.lancers.jp

こちらのサイトです。

f:id:yuinoc:20170415175422p:plain

仕事をする側になることも、仕事を依頼する側になることもできます。

仕事をする人のことはランサーと呼ばれますね。

結構いろんなジャンルがあり、あまりプロフィール登録をしていない自分でも仕事を依頼されることがあります。

デザインやウェブ系が得意な方はかなりいいのでは?

 

クラウドワークス

crowdworks.jp

 

こちらのサイトです。

 

f:id:yuinoc:20170415180514p:plain

デザインは一番見やすいかな、と個人的に思います。

通常手数料がかかり、収入額によりますが、収入の5~20%がクラウドワークスにとられます。

コンペというのは、名前募集ロゴデザイン募集が多く、採用されれば1~3万円程度の大きな収入となります。が、その分ライバルも多く、もちろん採用されなければ0円です。

タスクというのは、前述の手数料がかからない案件です。アンケートやレヴュー寄稿などの小さな案件が多く、2円~300円程度の本当に「ちりつもでお小遣い稼ぎ」という雰囲気のものになります。

 

 

ココナラ

coconala.com

こちらのサイトです。

f:id:yuinoc:20170416182324p:plain

ココナラが上記二つのクラウドソーシングサイトと大きく違うのは、「依頼する側(仕事をお願いする側)」よりも「依頼してもらう側(仕事をする側)」に重きを置いている点ではないでしょうか。

 

上の真ん中に緑色のボタンで「出品する」というのがありますよね。

このボタンから気軽に仕事を出品することができちゃいます。

お値段は500円~。最初3件は無料で受けなければならないみたいです。

また、注意点として、その仕事はネット上or電話上で請けることが出来るものに限るということです。

私は最初「お部屋片づけます!」とかで出品していましたが、削除されていました。

例えば音楽技法を電話で伝えたりとか、ロゴやアイコンの作成をしますとか、あとは占いが結構人気みたいですね。

 

次の記事で、それぞれのクラウドソーシングの実体験についてご紹介しますね。

ではまた書きます♪

 

 

広告を非表示にする