yuinoc’s diary

日々の暮らしやうつ病などについてつらつらと書いていきます。

ネイルかえました!

こんにちは、ゆいのです。

 

今日は病院でした。

今は完全に躁で気分もよいといったら減薬され、月に2回の通院でいいことになりました!やったー!

 

ネイルチェンジ

そしてその足で月1のネイルサロンに行ってきました。

 

f:id:yuinoc:20170529204216j:plain

f:id:yuinoc:20170529204233j:plain

f:id:yuinoc:20170529204242j:plain

f:id:yuinoc:20170529204223j:plain

アジサイネイルです!

季節感いっぱいで天然石もつけてもらいました☆

これで4500円でした♪

リピーター割引があるみたいなので、もしかしたら今回お世話になったところに通い続けるかも…?

 

アジサイは本当に手書きのアートで、まったく絵心のない私は終始感心しっぱなしでした!

石も乗せたかったので嬉しいです!

 

 

お金を使うということ

最近お金を使うということに対しての考え方がはっきりしてきました。

自分を癒す、「楽しい」と思わせる、気分を晴れやかにさせるものにはどんどんお金を使っていくべきなんじゃないかと。

私はもともと「お金を使う」ということになんとなく罪悪感があり、買い物も躊躇することが多いタイプです。

 

でも、躁うつ病になってから、「お金を使うこと」はなんら悪いことではないんだと考えるようになりました。

というのも、サービスや「自分が心地よいと思える感覚・体験」を買うのだ、と思うようになるとお金を使うことも悪いことではないと思えるようになったのです。

 

ネイルに月5000円も使うなんて、と私も思っていました。

でも、「自分の爪が可愛いという事実」だけではなく、「毎日爪をみるたびに嬉しい気持ちになる」「伸びてくると、次はどんなデザインにしようかと毎日楽しくインスタなどを眺めて可愛い~などと考える」などのほかに、「他人に爪をメンテナンスしてもらっている(大切なお客様として扱われている)自分」「美にお金を費やす自分」「サロンに行ってお金を使って自分を綺麗に・大切にしている自分」

ネイルサロンは、ただネイルをするだけの場所ではありません。

 

上記のような自分に出会える、充足した気持ちを得られる場所なんだと、躁うつ病になってネイルサロンに通うようになってから思うようになりました。

 

とにかく私は基本的に、特にうつ状態のときは「自己肯定感」がありません。

でもそれを「ネイルサロンに通っている自分」という事実が少し払拭してくれます。

こんな自分でもネイルに気を使っていいんだ、ネイルを可愛くしたっていいんだ。

そう思えます。

 

そう考えるようになってからは、月5000円の出費は生きる希望への出資と思えるようになりました。

 

また更新します♪

 

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村